イントロダクション

ノベル『暗い森のサーカス』、『キャンディ アディクト フルコォス』に続く、鬼才マチゲリータのノベル3作目『闇の国ハロウズ』は、人気ハロウィン楽曲『ダァカァハロウィンヤムヤミギリ』をはじめ、新曲『スペルオブハロウズ』をモチーフにマチゲリータ自らが執筆したオリジナルストーリーです。

キャラクターデザインに過去2作でカバーイラストを手掛ける猫将軍。そして背景にノベルの告知PVを手掛けた花蟲を迎え、自身初となる長編小説に挑みました。 マチゲリータの世界観が存分に発揮された、ダークPOPファンタジーをご覧ください。

ストーリー

これは「ミニエスケエプ」と「ハロウズ」を巡る一人の少年の物語——。幼い頃の記憶を失くした少年アランは、孤児院で寂しい日々を送っていた。そんな彼が楽しみにしていた年に一度のお祭り「ハロウィーン」がやってくる。そのお祭りの最中、アランは紫色に光る不思議な生物に出会い——。